SACS 株式会社サンセイコンピュータシステム

Businesslinkシリーズ

PRODUCT

オプション:財務会計データ出力

伝票入力に連動して、仕分けデータを自動生成

「財務会計データ出力」オプションは、財務会計システムにあわせて、売上・入金・仕入・支払の各データより、仕訳データをバックグラウンドで自動生成し、必要な時(通常は月次一括)に連携用データとして出力することが出来るアドオン機能です。

こんな事でお困りではありませんか?

財務会計システムは、パッケージソフトを導入している企業が多いと思いますが、基幹業務システムとデータ連携がされず、それぞれのシステムで重複してデータを入力しているのではないでしょうか?
基幹業務システムでは、売上・仕入・入金・支払処理により、個々にデータを入力し、財務システムでは、上記の明細データを科目別に集計した上で、改めて仕訳データとして入力しているのではないかと思います。
ただ、データ連携はしたいが、マスターの設定項目が増えたり、伝票入力が面倒になるくらいなら、無理に連携する必要(メリット)はないとお考えのところも多いかと思います。

問題点

  • 基幹業務システム(営業・購買)と財務会計システム(経理)の双方で同様のデータを入力している
    伝票入力→データ仕訳(部門別集計・科目別集計・業者別集計など)→仕訳データ入力
  • 締め後でなければ、仕訳データの入力ができない(リアルタイムで財務状況が知りたいが..)
    基幹業務側の締めが終わらないとデータの仕訳(部門・科目・仕入先別など)ができず、数日待たないと財務会計システム側にデータがあがらない
  • データ連携はしたいが、マスター登録や伝票入力が面倒になるのは困る
    商品別や業者別に科目設定するのに時間がかかり、見直すだけでも一苦労

解決策

「財務会計データ出力」オプションは、財務会計システムにあわせて、売上・入金・仕入・支払の各データより、仕訳データをバックグラウンドで自動生成し、必要な時(通常は月次一括)に連携用データとして出力することが出来るアドオン機能です。

メリット

  • 伝票入力と同時に仕訳データを発生させ、必要なタイミングで連携用のデータが作成できる
    連携(出力)済データや変更データを内部検証し、次回処理時に差分データが出力されます
  • 共通仕訳設定(売上・入金・仕入・支払)をするだけで、伝票入力時に勘定科目(借方・貸方)が自動セットされるため、商品毎や業者毎のマスター変更は不要
    詳細設定(商品毎/商品区分毎/業者毎個別に科目設定をすること)も可能です
  • 連携先の財務会計システムが変わっても、作業手順を変更せずに連携できる
    データ連携が可能なパッケージソフト(抜粋)
    • ミロク情報サービス:MJSLINK Ⅱ
    • TKC:FX4
    • エプソン:財務応援
    • 富士通:GLOVIA smart 会計
    • OBC:勘定奉行

  • BusinessLink は 株式会社サンセイコンピュータシステムの登録商標です。
  • Microsoft SQL Server は米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • Oracle は ORACLE Corporation の登録商標です。
  • その他の会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
  • この製品の仕様及び構成は改良のため予告なく変更することがあります。
トップに戻る